50周年記念事業

高等教育研究の推進と 
国際的なネットワークづくりに貢献します

 
 

 広島大学高等教育研究開発センターは、令和4(2022)年5月1日に創立50周年という大きな節目を迎えます。

 当センターは、世界的な動乱の時代を経て1972年に設立されて以来、高等教育研究を担う多くの研究者を向かい入れることを通して、高等教育研究を促進し続けているとともに、その研究成果の伝達・応用によって多くの高等教育研究者の養成をはじめ、広島大学をはじめとする国内外の高等教育機関の運営・開発にも貢献してきました。

 令和4(2022)年5月1日に創立50周年を迎えるにあたり、これまでの50年に感謝するとともに、次の100周年へ向けての大切な出発点として、本センターの将来像である「高等教育研究の新たな展開を先導する国際的な教育研究拠点としての地位の実現」に向けて、高等教育を巡る新たな期待や課題に対応していきたいと考えています。

 

 


 広島大学高等教育研究開発センター(以下RIHE)の前身である大学教育研究センターは、1972年5月1日に日本で最初の大学・高等教育に関する研究のための専門機関として設立されました。それ以来49年を経過し、本年度はセンターとして50回目の活動年度であり、来年5月には創立50周年を迎えます。

 設立当時のセンターは、広島市東千田町の中央図書館の3階にありましたが、大学の東広島キャンパスへの移転に伴って、1995年4月にはセンターも移転し、中央図書館の建物の地下2階相当の場所に、資料室、研究室等を構えて今日に至ります。

 センターは、広島大学の「学内共同教育研究施設」として設置されましたが、高等教育分野の研究拠点としては唯一の存在でしたので、当初から全国の研究者が集まっていました。そのため、学内のセンターであると同時に日本のためのセンター、世界に対して日本を代表するセンターとしての役割も担ってきました。

 私の個人的経験で恐縮ですが、私が東京工業大学で助手を務めていた1980年代末に東千田の図書館を訪問したのが最初のRIHE訪問だったと記憶しています。創設から十数年を経ていたので、初期のメンバーの何人かはすでに退職されており、お会いすることは叶いませんでしたが、それでも今振り返ると、私にとっては巨人の如く感じられた諸先輩とお会いし、お話ししたことは宝です。それ以降、毎年のようにRIHEを訪問してきました。東千田にあった時代には、本場の広島焼きを食べることも楽しみの一つでしたが。

 個人的にも深い縁のあったRIHEの50周年に第16代のセンター長を務める者の責任として、RIHEの過去の事績に改めて光を当て、RIHEの未来の姿を構想する周年事業を推進して参りたいと存じます。そのために、2021年8月から準備を開始し、2022年1月から12月の1年間を50周年事業の実施期間としてさまざまな活動を展開してまいります。

 つきましては、50周年事業の成功のために是非とも皆様のお力をお貸しください。事業計画については、本パンフレットにも概要を示しておりますが、具体的な事業日程等については、センターのwebページ等で随時お知らせいたします。50周年事業を通じて多くの皆さんとお会いすることを楽しみにしております。

 

2021年8月1日

高等教育研究開発センター長 小林信一

 

   
  詳細はこちら  
 
 
 
有本章先生瑞宝中綬章伝達式、記念講演会

全国大学教育研究センター等協議会

 

 

 

 

 

 

挨拶 50周年を記念して寄付を募ります

   

 広島大学高等教育研究開発センター(以下RIHE)の前身である大学教育研究センターは、1972年5月1日に日本で最初の大学・高等教育に関する研究のための専門機関として設立されました。それ以来49年を経過し、2021年度はセンターとして50回目の活動年度であり、2022年5月には創立50周年を迎えます。

 RIHEは、広島大学の「学内共同教育研究施設」として設置されましたが、高等教育分野の研究拠点としては国内唯一の存在でしたので、当初から全国の研究者が集まりました。そのため、学内のセンターであると同時に日本のためのセンター、世界に対して日本を代表するセンターとしての役割も担ってきました。

 このたび、RIHEの過去の事績に改めて光を当て、RIHEの未来の姿を構想するために、2022年1月から2023年4月までの1年4ヶ月を50周年事業の実施期間としてさまざまな活動を展開してまいります。

 50周年事業の一環として、国内外の高等教育研究者や学生の活動を支援することを目的とする基金の造成を計画いたしました。これまでもRIHEの予算の中から、国内外の共同研究の支援、若手研究者や学生の支援を幅広く実施してまいりましたが、昨今の財政により、その規模は長期漸減傾向にあることは否めません。そこで、基金を創設し、RIHE国際共同研究賞RIHE若手研究者賞として、優位な若手研究者・グループに支援を継続して行くことを計画いたしました。毎年100万円または200万円の若手研究者を含む国際共同研究の支援、若手研究者(学生を含む)の1〜3ヶ月の海外武者修行の支援100万円程度を想定しています。これにより、RIHEの自己資金による支援と合わせ、国内外の若手研究者の育成、国際的ネットワークの維持発展に微力ながら貢献していきたいと考えております。

 当面は、毎年1件ずつ支援し、10年間継続するために、3000万円(諸経費含む)の基金の造成を目指して寄付を募ります。なお、寄付は税制上の優遇措置の対象となります。成功のために是非とも皆様のお力をお貸しくださいますようお願い申し上げます。
詳細は広島大学基金の該当ページhttps://www.hiroshima-u.ac.jp/yakudou/kikin_riheをご覧ください。

 

2021年11月15日

高等教育研究開発センター長 小林信一

 

  2021年11月〜2023年5月まで
  3,000万円
 

 広島大学高等教育研究基金は、将来の高等教育研究を担う若手研究者や学生の研究活動、国内外研究者との共同研究、高等教育に対して関心を持つ非学術組織との交流、50周年記念事業等への支援を通して、本センターにおける教育、研究、社会貢献及び国際交流の一層の推進並びに高等教育研究環境の整備充実をはかることを主な使途としています。

主な使途
  
 1. 若手研究者や学生の研究活動への支援

  2. 国内外研究者との共同研究の支援

  3. 非学術組織との交流への支援

  4. 50周年記念事業への支援     など 

 

(1)個   人   一口      5,000円

(2)法 人・団体  一口     10,000円

  下記URLで詳細をご確認頂けます。 
 https://www.hiroshima-u.ac.jp/yakudou/kikin_rihe
 

ご寄付いただいた方への顕彰

 広島大学基金への寄付者への顕彰の他、センターHP等にご芳名・法人名等を掲載いたします。
(掲載をご希望されない場合はお申し出下さい)。

 高額寄付の場合は、センター玄関にご芳名・法人名・団体名の入ったプレートを掲げ顕彰いたします。
(個人10万円以上、法人・団体30万円以上)

    寄付金に関する税制上の優遇措置について
  本学からお送りする「寄付金領収書」を確定申告の際に提出することで、所得税の寄付金控除、
個人住民税の寄付金税額控除を受けることができます。
  寄付金の金額を損金算入することができます。
 

お問い合わせ先

広島大学基金室
〒739-8511
広島県東広島市鏡山一丁目3番2号
TEL:082-424-6132   FAX:082-424-6020
E-mail : kikin@office.hiroshima-u.ac.jp