高等教育研究資源ナショナルセンター

ご挨拶

RIHEでは、現在の高等教育に関する現状を踏まえ、高等教育に関わる研究と教育そして各種実践や経営を活性化し支援するための基盤として、リエゾンとして機能させるべく「高等教育研究資源ナショナルセンター」を設立いたしました。

高等教育の基礎的な研究と、そのための各種インフラ整備を主軸としつつ、学内外・国内外の専門家や関係者と連携しながら、若手研究者や経営実務の実践のご支援も視野に入れております。

すでに先行して活動を開始している「高等教育研究プラットフォーム」とも連携しながらの活動も予定しています。

本センターの趣旨にご賛同・ご協力いただける「有志」の皆様を募るとともに、高等教育研究や経営実務(IRなど)に関するご相談も募っております。お気軽にお問い合わせください。

HER-NCセンター長
村澤 昌崇

 

センターの使命・戦略・計画等(HER-NCキックオフミーティング資料)

 

◇RIHE高等教育研究資源ナショナルセンター レポートシリーズ◇

No.1: 「9月入学」に対するTwitter上の反応は?(1) (2020.5.22掲載)

No.2:「9月入学」に対するTwitter上の反応は?(2) (2020.5.28掲載)

No.3:「#9月入学賛成」と「#9月入学反対」の中身を探る(仮) (近日中に掲載予定)

◇お知らせ◇

(2020年度予定)

2020.7.17 『IRよろず相談会(大学あれこれ放談会)』(村澤 昌崇・広島大学高等教育研究開発センター)

2020.7.20 大学機関の行動分析:合成コントロール法を用いた個別大学の取組・改革等の効果に関する因果推論の試み(東洋経済新報社との連携研究:『大学四季報』データ分析活用シリーズ1)中尾 走・広島大学博士課程後期、田中 久貴氏・東洋経済新報社)

2020.8.4 高等教育と「エビデンス」を考える:『「エビデンスに基づく教育」の閾を探るー教育学における規範と事実をめぐって』を巡って(杉田 浩崇氏・広島大学准教授、熊井 将太氏・山口大学講師、佐藤 仁氏・福岡大学准教授、長谷川 祐介氏・大分大学准教授、林 岳彦氏・国立環境研究所主任研究員)

2020.8.17 「大学の質」が内々定に与える影響(東洋経済新報社との連携研究:『大学四季報』データ分析活用シリーズ2)(梅崎 修氏・法政大学、平尾 智隆氏・摂南大学、田中 久貴氏・東洋経済新報社) 

未定: 機械学習と大学教育効果(椿美智子先生・電気通信大)

(終了分) 

2019年度の活動はこちら

2020年度の活動はこちら