12月13日(金)開催 第16回公開研究会『なぜ、STEMを選択する女子は少ないのか?―高等教育の専攻分野のジェンダー分析』

クリックすると大きくなります

以下のとおり公開研究会を開催いたしますので、ご案内いたします。

■日時:2019年12月13日(金)16:00~18:00

■場所:RIHE授業研究開発室112

■使用言語:日本語

■テーマ:なぜ、STEMを選択する女子は少ないのか?―高等教育の専攻分野のジェンダー分析

■講演者:白川 俊之氏(広島大学総合科学部)

■概要:今回の研究会は、高等教育研究における方法論の卓越化を目指して企画されました。
このたびは、白川俊之先生(広島大学)にご登壇いただきます。
白川先生は、社会階層と社会移動(SSM)調査にも従事され、カテゴリカルデータの分析を中心に計量分析において優れた業績を産出されています。
今回お話しいただく研究の概要は以下の通りです:
——————–
 「なぜ、STEMを選択する女子は少ないのか?―高等教育の専攻分野のジェンダー分析」と題して、次のテーマに関する研究発表および議論を行う。
すなわち、大学進学率をめぐる性差は縮小したが、男女が選択する専攻分野には現在でも大きな違いが残されている。男女間の差異は、何が原因となって生じているのか?高校生を対象にしたアンケート調査の結果にもとづいて、教育社会学の観点から検討を行う。
——————–
概要からもおわかりのように、近年高等教育において関心が高まっている「STEM」、そして「ジェンダー」という二つの重要なキーワードを、高度な分析を駆使して検討していただく予定です。対象及び方法ともに、高等教育研究や実践にとって貴重なお話を伺うことができるまたとない機会となっております。

ご関心のある方のご参加をお待ちしております。 

■その他
・参加費は無料です。
・当日はホームページ掲載用等に写真の撮影を行う予定ですので、ご承知おきください。

■申込みは以下のフォームよりお願いします

氏 名
ふりがな
所 属
職 名
email
自由記入欄