平成31年3月27日(水)第14回公開研究会『法科大学院はなぜ成功しなかったのか』

以下のとおり公開研究会を開催いたしますので、ご案内いたします。

クリックすると大きくなります

■日時
平成31年3月27日(水) 14:00~15:30

■場所
RIHE授業研究開発室112

■テーマ
法科大学院はなぜ成功しなかったのか

■講師
辰井 聡子(立教大学教授)

■概要
法科大学院の存在は日本に定着し、一定の成果を上げたものの、所期の目的を達したとはおよそいえない状況にある。法科大学院制度は、「法の精神、法の支配」の定着、「自由と公正を核とする法(秩序)」の日本社会への浸透を目標に掲げた法曹制度改革の一環として設けられたものであり、その失敗を軽く見ることはできない。
本報告では、法科大学院制度の設置から現在までを概観した上で、同制度が成功を収めなかった原因を探り、高等教育の意義と限界、教育と社会の関係について考察する契機を提供したい。

■使用言語
日本語

■申込みは以下のフォームよりお願いします

氏 名
ふりがな
所 属
職 名
email
自由記入欄