2022(令和4)年度募集要項(2月入試)

人間科学研究科博士課程前期 教育学プログラム(高等教育学コース)の募集

【重要】新型コロナウイルス感染症の影響により試験期日や選抜方法が変更される可能性があります。
内容変更については,本学ホームページ等で公表します。

【一般選抜】【社会人特別選抜】【外国人留学生特別選抜】

■出願期間
令和3(2021)年12月27日(月)~令和4(2022)年1月11日(火)17時まで(必着)
※「郵送が必要な出願書類」を持参する場合は、土日祝日を除く平日の9時から17時までに
人間社会科学研究科教育学系総括支援室・大学院課程担当(教育学部管理棟1F)へお越しください。
なお、令和3年12月29日(水)~令和4年1月3日(月)までは、年末年始休業のため受付ません。
■選抜方法

インターネット出願および入学検定料支払いの流れはこちらのサイトをご覧ください。
※インターネット出願の導入に伴い,今年度から学生募集要項及び出願書類の冊子は配布しませんので,ご注意ください。

筆記試験 外国語(一般選抜のみ) 英語
専門科目 (高等教育学専攻) 高等教育論(制度や政策、組織・運営、評価、授業の内容や方法、国際交流などの領域)
口述試験 提出書類の「これまでの研究概要」および「研究計画書」に基づいて行います
■試験実施日
2022年2月9日(水) 10時~11時30分 筆記試験(外国語)
2022年2月10日(木) 9時~12時 筆記試験(専門科目)
14時~ 口述試験
■募集人員
教育学プログラム募集19名のうち若干名
■合格者発表
令和4(2022)年2月25日(金)10時の予定
※人間社会科学研究科ホームページに合格者の受験番号を発表します。
合格者には合格通知書を送付します。電話等による照会には応じられません。

人間社会科学研究科(博士課程後期)教育科学専攻 教育学プログラム(高等教育学コース)の募集

【一般選抜】【社会人特別選抜】【外国人留学生特別選抜】

■出願期間
令和3(2021)年12月27日(月)~令和4(2022)年1月11日(火)17時まで(必着)
※「郵送が必要な出願書類」を持参する場合は、土日祝日を除く平日の9時から17時までに
人間社会学研究科教育学系総括支援室(大学院課程担当)へお越しください。
なお、令和3年12月29日(水)~令和4年1月3日(月)までは、年末年始休業のため受付ません。
■選抜方法
インターネット出願および入学検定料支払いの流れはこちらのサイトをご覧ください。
※インターネット出願の導入に伴い,今年度から学生募集要項及び出願書類の冊子は配布しませんので,ご注意ください。

筆記試験 外国語 英語。
英和辞書(電子辞書を除く)1冊に限り持ち込みを認めます。
口述試験 「修士論文(またはそれに準ずるもの)及びその要約、または教育・研究業績等調書」及び「研究計画書」を中心とする試問を行います。その評価は、段階評価を行います。その評価は、段階評価を行います。
■試験実施日
令和4年2月9日(水) 10時~11時30分 筆記試験(外国語)
令和4年2月10日(木) 9時~12時 口述試験
■募集人員
教育学プログラム定員10名のうち高等教育学コースを専攻する者若干名
■合格者発表
令和4年2月25日(金) 10時予定
※人間社会科学研究科ホームページに合格者の受験番号を発表します。
合格者には合格通知書を送付します。電話等による照会には応じられません。

◇重要なお知らせ】日本国外からの出願希望の皆様へ◇

現在外国に居住している方は以下の内容をご了承いただいたうえで出願をしてください。

入試のため来日する予定の志願者は,令和3年12月2日(木)17時までに人間社会科学研究科教育学系総括支援室(大学院課程担当)へ,Eメールにて事前にご連絡ください。
E-mail:kyoiku-in@office.hiroshima-u.ac.jp

日本国の新型コロナウイルス感染症に対する水際対策により、入国の次の日から起算して、14日間はホテル等に待機する必要がある国からの渡日には大きな費用がかかります。具体的には、ホテルの宿泊費用は宿泊施設により異なりますが、食費なども含めると20万円以上は必要となると見込まれます。これらはすべて自己負担となります。この場合、空港等からの移動も含め公共交通機関の使用はできません。
これらのことについては、最新の日本国の新型コロナウイルス感染症に対する水際対策の最新情報を確認し,早めの準備をお願いします。

(参考:広島大学ホームページ)
https://www.hiroshima-u.ac.jp/2020covid-19/abroad/
(参考:法務省ホームページ)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/20200131comment.html
(参考:厚生労働省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

大学事務職員の方へ:広島大学大学院であなたの能力を磨きませんか?

しかも無理のない学修方法で!大学事務職員については、

  1. 大学改革の進行にともない、職員の役割への期待が大きくなり、また能力開発が必要になってきています。
  2. 当センターでは、これまでさまざまな観点から研究を行ってきましたが、職員の能力開発にも力を入れています。
  3. 現職の事務職員が博士課程の前期課程に入学する場合は、極力弾力的な対応を取り、便宜を図るようにしております。

副プログラム長が個別の相談に応じています。

高等教育研究開発センター長

小林 信一

教育科学専攻副プログラム長

黄 福涛
futaoathiroshima-u.ac.jp(半角@に置き換えてください)

circle_01

インターネット出願の導入に伴い学生募集要項及び出願書類の冊子配布はしなくなりました。
お問い合わせ先:人間社会科学研究科
教育学系総括支援室(大学院課程担当)
TEL:082-424-3706
Mail:kyoiku-inatoffice.hiroshima-u.ac.jp

circle_02

あらかじめ研究志望分野を担当するセンターの教員に面接し、自己の研究内容と大学院で研究するための準備について相談することをおすすめします。

circle_03

「広島大学研究者総覧」をご覧下さい。 研究者の所属組織「高等教育研究開発センター」で検索してください。