12月2日(金)開催 2022年度公開研究会(オンライン開催)『大学研究の新しい形』

クリックすると大きくなります

下記の通り、公開研究会をオンラインにて開催しますので、ご案内いたします。

■日時:2022年12月2日(金)14:00~16:00

■場所:Zoomセミナーの為、全てオンラインで開催いたします。
    ※お申込みされた方に参加用URLを前日までにご連絡いたします

■テーマ:大学研究の新しい形

■講演者:崎山 直樹(千葉大学)、嶋内 佐絵(東京都立大学)、標葉 隆馬(大阪大学)

■司会:小林 信一(広島大学)、崎山 直樹(千葉大学)

■言語:日本語

■概要
崎山直樹ほか編著「現場の大学論」の企画者・執筆者の中から3人に登場いただき、分担部分の概要を紹介していただくとともに、本書が成立に至った経緯、共同作業のあり方など、伝統的ではない研究スタイルについても紹介いただく。新しい時代の大学研究の様式についても議論する。

■プログラム
1. 趣旨説明
2. 執筆内容の概略と「現場の大学論」の成立に至る経緯
(1)崎山直樹(千葉大学)「企画の経緯、意図と残された課題」
(2)嶋内佐絵(東京都立大学)「国際化の二面性と英語/日本語で書くという政治的で文化的な営みについて」
(3)標葉隆馬(大阪大学)「人文・社会科学分野の研究評価をめぐる今後とその課題」
3.討議「新しい時代の大学研究の様式とその可能性」

■その他
・参加費は無料です。(申し込み締切:12月1日(木)正午)
・本セミナーについては、ウェブ会議システム(Zoomミーティングを予定)を使用して実施いたします。開催時刻までにインターネット環境、PC等端末(Webカメラ、マイクが必要)のご用意をお願いいたします。
・Zoomにログインする時には、IDに姓名を使用してください。参加申し込み登録者のお名前と違う場合、入室を許可されない場合がございます。
・各自のPC機能等による講演・資料の保存は許可されておりませんのでご留意ください。
・前日までに参加方法のメールが届かない場合は、下記アドレスまでお問合せください。
  高等教育研究開発センター <k-kokyo(at)office.hiroshima-u.ac.jp>
  (at)を@に置き換えてください。

■申込みは以下のフォームよりお願いします (※申し込みが完了したら受付完了のメールが届きます。届かない場合は、申し込みが完了していませんので、ご注意ください。)