ご登壇者(5分間スピーチ)募集:第49回研究員集会 第2部『「責任ある・使命ある大学」の将来像を語ろう!』

【趣旨】

皆さんもご存じの通り、高等教育が直面する・解決すべき課題は山積しています!(・・・と、いつも危機を煽っている感もありますが・・・)
予測不可能性の高まり(コロナ、国家間緊張、地球規模の災害)
・世界レベルで解決すべき問題の山積(貧困・格差・不平等、ジェンダー、LGBTQ
持続可能な社会をどう構築するか?そのために高等教育ができることはなにか?
高度な科学技術(ICT、データサイエンス)とどう向き合うか?
・高等教育とELSI(倫理、法、社会的課題)             などなど・・

そこで!!中教審答申「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン」も出されたことですし、それに引きずられることなく、ただしそれも睨みながら・・・「私の思い描く将来あるべき大学像」「私の主張:大学の将来はこうあるべき」を多くの方々に登壇いただき、主張いただきたいと思い、「私の主張:高等教育のあるべき姿」を公募することといたしました。
「我こそは!」と思われる方、いかがですか!?高教研主催の研究員集会にて、「こうあるべきだ!日本の(世界でもOK!)高等教育!」を論じてみませんか。

【募集の詳細】

① 募集内容:令和3年11月26日(金)に予定されている、広島大学高等教育研究開発センター主催の研究員集会において、
 5分間程度の「私の主張:高等教育のあるべき姿」を論じていただく。
② 応募条件:「私の主張:高等教育のあるべき姿」(国内外を問わず:A4で1枚程度)の提出
③ 募集人数:5名前後
④ 募集期間:11月5日(金)、12:00まで
⑤ 選考:応募多数の場合は広島大学高等教育研究開発センターにて選考の上、11月中旬に登壇者を決定・通知。
⑥ その他:選考の結果選出された方には、「RIHE研究員集会賞」を授与いたします。
  ※さらに、全登壇者の内容の中で、参加者から最も高い関心を惹いた内容を「RIHE研究員集会特別賞」として 
   選出する予定です。
  ※当日は平日ですので、職員の方の中には勤務中につき登壇できない方も居られるかと思います。そのような方 
   は、投稿のみ・当日の登壇は無し(当日はこちらで代読いたします)でも可能です。
  ※共同での投稿も歓迎します。
  ※なお、研究員集会にご登壇された方、司会をお務めいただいた方には、例年『高等教育研究叢書(研究員集会 
   の記録特集号)』にご寄稿いただいておりますので、一般公募で採択・登壇(代読含む)された方にも、同様
   にご寄稿いただく予定です。
⑦ 応募先:以下のメールアドレス宛に、②の電子ファイルを添付して送信してください。
  e-mail: 高等教育研究開発センター事務室(k-kokyo(at)office.hiroshima-u.ac.jp)
  ※(at)を@に変更してください。

第49回研究員集会の詳細はこちらをご覧ください。


皆様からの多数のご応募を楽しみにしております。