6月23日(火)開催 2020年度第2回公開研究会(オンライン開催)『日本の大学の英語学位プログラムへの日本人および外国人高校生の進路形成に与える重要な他者(Significant Others)の影響に関する質的研究』

クリックすると大きくなります

下記の通り、2020年度第2回公開研究会をオンラインにて開催しますので、ご案内いたします。
オンライン開催については不慣れな点が多く、みなさんにご不便をおかけするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
また今後も同様のオンライン公開研究会を開催する予定です。詳細はこちらからご覧ください。

■日時:2020年6月 23日(火)16:00~17:00

■場所:Zoomセミナーの為、全てオンラインで開催いたします。
    ※お申込みされた方に参加用URLを前日までにご連絡いたします

■テーマ:日本の大学の英語学位プログラムへの日本人および外国人高校生の進路形成に与える重要な他者(Significant Others)の影響に関する質的研究

■言語:英語

■講演者:三好 登(広島大学高大接続・入学センター特任准教授)
Dr. Noboru Miyoshi is Associate Professor in Hiroshima University. Prior to his current position, Assistant Professor in Kyushu University (2014-2016), and Lecture in Oita University (2016-2018). He has served Seinan Gakuin University and Fukuoka Prefectual University as a part-time lecture. He completed his Ph.D. degree in Higher Education at Hiroshima University. Currently, he is researching about Career Development of International Student to English Degree Program in Japanese Universities and their Learning Outcomes. 

■概要
The establishment of English degree programs in non-English speaking countries, including Japan, is a global phenomenon in higher education. English has become a universal language against the economic activities based on free trade, increasing in the number of international students due to the expansion of global higher education demand, and increasing to interest in the ranking of world universities whose main indicators are research outcomes in English. These are one of the factors to promote the establishment of English degree programs at non-English speaking universities. Thanks to G30 (Global 30) and TGU (Top Global University Japan), there are English degree programs in 38 universities and 65 faculties in Japan, 2020. These English degree programs need to accept Japanese and foreign high school students, however, most English degree programs are facing the problem about small number of applicants. This is because English degree program was additionally established as one of the faculty in undergraduate school so that they could be found without significantly changing the existing university organization system. Now, this caused the problems that the number of student enrolment and incoming student to English degree programme are small.
  The purpose of this research is to examine the differences between Japanese and foreign high school students in career development for English degree programme in Japan. This research focus on the influences of seniors, friends, and mother as significant others in previous studies on career development of high school students and clarify based on an interview survey.

■プログラム
16:00-16:20  Presentation
16:20-17:00  Discussion

■その他
・参加費は無料です。(定員:30名、先着順)
・本セミナーについては、ウェブ会議システム(Zoomミーティングを予定)を使用して実施いたします。開催時刻までにインターネット環境、PC等端末(Webカメラ、マイクが必要)のご用意をお願いいたします。
・Zoomにログインする時には、IDに姓名(ローマ字入力)を使用してください。参加申し込み登録者のお名前と違う場合、入室を許可されない場合がございます。
   (参考サイト)https://app-story.net/zoom-renaming/
・ディスカッション時に発言を希望する際は、Zoomの「手を挙げる機能」を使用してください。
   スマホから行う場合:「メニュー」→「詳細」→「手を挙げる」
   PCから行う場合:「メニュー」→「参加者」→「手を挙げる」
   (参考サイト) https://applimura.com/zoom-raise-hand/
・各自のPC機能による講演・資料の保存は許可されておりませんのでご留意ください。
・オンライン開催については不慣れな点も多くみなさんにご不便をおかけするかもしれません。ご容赦いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
・お申込み締切は、6月21日(日)です。定員に達した場合は締切前であっても受付を終了することがあります。
・前日までに参加方法のメールが届かない場合は、下記アドレスまでお問合せください。
  高等教育研究開発センター <k-kokyo(at)office.hiroshima-u.ac.jp>
  (at)を@に置き換えてください。

■申込みは以下のフォームよりお願いします

氏 名
ふりがな
所 属
職 名
email
自由記入欄