平成30年12月14日(金)第5回公開研究会『日英における留学生と移民者の関係について −インタビュー調査を中心に−』

クリックするとおおきくなります

以下のとおり公開研究会を開催いたしますので、ご案内いたします。

■日時
平成30年12月14日(金)10:00~12:00

■場所
RIHE授業研究開発室

■テーマ
日英における留学生と移民者の関係について −インタビュー調査を中心に−

■講師
トーマス・ブラザーフッド氏(オックスフォード大学グローバル高等教育センター大学院課程後期・広島大学高等教育研究開発センター日本学術振興会外国人特別研究員)

■概要
学生や、研究者、そして高度人材の国際的流動は高等教育システムおよびグローバル経済の重要な一部です。近年、「教育と移民」という関連性がますます注目されるようになりました。今回の公開研究会では、オックスフォード大学大学院課程後期・日本学術振興会外国人特別研究員Thomas Brotherhood氏を招聘して、日本とイギリスにおける大学院に在学している留学生を対象に実施されたインタビィー調査の結果に基づいて、国際比較的視点から「教育と移民の関連性」(education-migration nexus)、特に異なった関連政策をとった日英両国における留学生の学習と研究の経歴や今後の展望などを中心にお話を伺います。

■使用言語
英語

■申し込み

氏 名
ふりがな
所 属
職 名
email
自由記入欄