7月28日開催【東京】(文部科学省後援)高大接続システム改革フォーラム開催のご案内(大正大学)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:大正大学様】

●●●どうなる?どうする?e-ポートフォリオ●●●
―学びと成長を可視化し、高校から大学へつなぐために―

大正大学では、平成28年度より継続して高大接続システムに関する研究会を行っております。この度、4回目の研究会となる「高大接続システム改革フォーラム」の開催が決定いたしましたのでご案内いたします。

高大接続改革にあたっては、高等学校教育改革、大学教育改革、そしてそれを繋ぐ大学入学者選抜改革を三位一体で進めていくことが重要です。
しかし、それぞれに多くの課題が残されています。
 特に、大学入学者選抜については、最終報告を受けて「学力の3要素」(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」)を多面的・総合的に評価するものへ改善することが求められていますが、具体的な手段や手法については高校、大学ともいまだ模索しているところです。
 本フォーラムでは、高校教職員および大学教職員を対象に「e-ポートフォリオ」をテーマとして、大学入学者選抜テストの策定に深く関わった文部科学省担当者と、多面的・総合的評価に向けた取り組みであるe-ポートフォリオ開発・活用に関して中心を担われている方からの基調講演をいただきます。
 さらに「高校現場」からの報告を踏まえ、高大接続の将来像について意見交換を行います。
 多くの皆さまのご参加を、心より歓迎申し上げます。

●開催日
2018年7月28日(土)
14:00~17:20 (受付13:30~)
(情報交換会17:30~19:00)

●会場
大正大学 礼拝堂
(東京都豊島区西巣鴨3-20-1) 

●主催・後援
主催:大正大学
後援:文部科学省、東京都教育委員会(申請中)

●概 要
【開 会】14:00

【基調講演1】 14:05~14:35
 「大学入学者選抜改革の動向」
  文部科学省高等教育局大学振興課大学 入試室長補佐 竹花浩幸 氏

【基調講演2】14:35~15:05
 「『JAPAN e-portfolio』が証明する高校生の力」
  関西学院大学学長特命 尾木義久 先生

【基調講演3】15:05~15:35
 「e-ポートフォリオが創る教育効果と社会的インパクト」
 東京学芸大学 情報処理センター教授 森本康彦 先生

【シンポジウム】15:50~17:20
   「e-ポートフォリオは高大の教育をどのようにつなぐのか」
 上記講演者に加え、順天中学・高等学校校長 長塚篤夫 先生他高校現場の方を予定

※講演タイトルはいずれも仮題です。

【情報交換会】17:30~
  情報交換会(参加費:3,000円) ※事前申込制
  場所:大正大学 巣鴨校舎 鴨台食堂

●参加申込
 申込フォームよりお申し込み下さい。
https://www.tais.ac.jp/utility/link/
 ※高校・大学の教職員の方を主な対象としていますが、企業の皆様はじめ、ご興味がある方であればどなたでも参加可能です。 
 申込み締切日:2018年7月25日(水) 
 

 ※本フォーラムの最新情報、これまでの研究会の実施実績については本学HPをご確認ください。
https://www.tais.ac.jp/admission/koudai/

●お問い合わせ先
 大正大学 学長室 企画調整課
 TEL:03-5394-3032/FAX:03-5394-3068
 E-mail:kikaku@mail.tais.ac.jp