6月14日開催【金沢】【ALAコーディネーター研修】「アクティブ・ラーニングについて共に考える」のご案内(金沢大学)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者: 金沢大学】

【金沢大学教育改善・大学の組織開発を支える研修人材育成拠点】事業として6月14日(木)14時から【ALAコーディネーター研修】「アクティブ・ラーニングについて共に考える」を開催いたします。

なお、この研修は、5月24日(木)に開催しました研修の内容と同一のものです。

趣旨:アクティブ・ラーニング型の授業や研修を実践している参加者による実践の共有を始点として、なぜアクティブ・ラーニングなのか、達成しようとする成果は何なのか、どのような改善が考えられるかについて、共に考えます。同時に、これらの過程を通して教職員や学修ピアチューターに対する研修のあり方を探ります。

主催:金沢大学国際基幹教育院高等教育開発・支援系/部門
日時:2018年6月14日(木)14:00~16:00
場所:石川県政記念しいのき迎賓館3階 セミナールームB
   石川県金沢市広坂2丁目1番1号
プログラム:
13:30 受付
14:00 -16:00
対話「アクティブ・ラーニングについて共に考える」
ファシリテーター:
金沢大学 国際基幹教育院教授 西山宣昭
発創デザイン研究室代表・福井大学非常勤講師 冨永良史

対象:アクティブ・ラーニング型の授業・研修に関心のある教職員

申込方法:「6月FDAL申込み」とタイトルに記入の上、本文に(1)所属機関名、(2)所属部署、(3)氏名、を記載して、fdsdkyoten@adm.kanazawa-u.ac.jp まで送信願います。

申込締切 :2018年 6月13日(水)

定  員:30名(申込受付は先着順とし、定員が埋まり次第受付を終了します。)

参加費用:無料

記事のお問い合わせ先: fdsdkyoten@adm.kanazawa-u.ac.jp