科研調査結果について(国立大学版・学部長調査)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter
高等教育研究開発センターでは、平成28年度『日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(A)』 「大学へのファンディングの変化と大学経営管理改革に関する国際比較研究」(代表:丸山文裕)を受け、 平成29年12月に全国の国公私立大学の学部長を対象に大学への資源配分と教育研究活動に関する学部長調査を実施しました。
サンプル数は778人(国立大学191人、公立大学85人、私立大学502人)、回収率は34.4%(国立43.6%、公立44.7%、私立30.7%)です。
ご協力ありがとうございました。今回は、先に国立大学の調査結果を掲載します(公立大学と私立大学は、追ってお知らせします)。

詳しくは、こちらをご覧ください。

また本アンケートは、平成28年度 国際共同研究推進事業「大学における教育研究の生産性向上に関する国際共同研究」公募型研究Aの一環です。
 
研究課題名:大学のファンディングの変化と大学経営改革の基礎的研究

研究課題番号:A28001

平成28年度 国際共同研究事業の採択課題については、こちらからご覧いただけます。