6月8日開催【東京】金沢大学・山形大学・大正大学合同シンポジウム「大学組織変革は誰がいかに担うのか?-「チェンジ・エージェント」の提案-のご案内

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

情報提供者:金沢大学 国際基幹教育院 高等教育開発・支援部門 杉森公一氏】

お申込  https://ws.formzu.net/fgen/S30774956/

目的 大学においてFD・SDプログラムを企画・設計・運営していくためには、大学ごとに異なるミッション、組織文化、各大学が置かれた内外の環境、人的・物的リソース等の特性に応じてプログラムを開発し実現していくことが求められる。参加者が3大学の組織特性に応じたFD・SD事例を参考にしつつ、これからの大学組織変革についての対話を行い、省察を通してFD・SDを包括する大学組織開発を担う新たな役割を考える機会としたい。

日時 2018年6月8日(金)14:00 – 17:50 (18:10 – 19:30  情報交換会)

会場 一橋講堂 中会議場  http://www.hit-u.ac.jp/hall
(東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内)

対象 国公私立の大学教職員、高等教育関係者(特に職員人事や人材育成に興味・関心ある方)

定員  100名 (5/31(木)申込締切)

プログラム
13:30 受付開始
14:00 – 14:10 シンポジウム趣旨説明
  金沢大学 国際基幹教育院高等教育開発・支援部門長 吉永契一郎 教授

14:10 – 14:40 オープニングトーク
  「企業人、事務職員、教員へのトランジション経験からのFD・SDの考察」
  愛媛大学 教育・学生支援機構教育企画室 上畠洋佑 特任助教

14:40 – 16:00 対話のアクティビティ(ワールドカフェ①)
  「自大学のFD・SDの省察 ー  何を何のためにやってきたか」
  金沢大学 国際基幹教育院高等教育開発・支援部門 杉森公一 准教授
  発創デザイン研究室・福井大学教職大学院非常勤講師 冨永良史 氏

16:10 – 17:20 3大学 FD・SD事例紹介

(1)「地方中小規模大学・短大を対象とした教育改善・改革の支援システム開発とその展開」
  山形大学 教育開発連携支援センター長 小田隆治 教授

(2)「職員ビジョンに基づいた人材育成制度の構築について」
  大正大学 学長室人事課 森田百合子 課長
  大正大学 学長室人事課 杉田美調 主任

(3)「自律的な組織開発・人材開発のためのリーダー養成」
  金沢大学 SGU企画・推進室 松村典彦 専門職員

17:20 – 17:40 対話のアクティビティ(ワールドカフェ②)
  「自大学のFD・SDの省察 ー  これから何のために何を」

17:40 – 17:50 閉会の挨拶(シンポジウム総括)
  山形大学教育開発連携支援センター長 小田隆治 教授

18:10 – 19:30 情報交換会 / 3,000円 (事前登録)

お申込  https://ws.formzu.net/fgen/S30774956/  5/31(木)申込締切

===============
教育関係共同利用拠点
教育改善・大学の組織開発を支える研修人材育成拠点
【お問い合わせ先】
国立大学法人金沢大学
国際基幹教育院 高等教育・開発支援部門
〒920-1192 石川県金沢市角間町
Website: http://herd.w3.kanazawa-u.ac.jp/
E-mail: fdsdkyoten(@)adm.kanazawa-u.ac.jp