3月9日開催【東京】「学生交流プログラム」研究会 ~主体的な学修を促す学生交流プログラムの今後の発展可能性~(成城大学)のご案内

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:成城大学キャリアセンター 村松あづさ様】 

成城大学キャリアセンターでは、以下の研究会を実施いたします。皆様のお越しをお待ちしております。

「学生交流プログラム」研究会
~主体的な学修を促す学生交流プログラムの今後の発展可能性~
日時:2018年3月9日(金)13:30~16:30(開場13:00)
場所:成城大学 8号館4階008教室

開催趣旨
 各大学の特色を活かした複数大学間の連携、自治体・産業界との連携を進めることにより大学教育の質的転換を図ることの重要性が言われています。本研究会では個性の異なる4大学(京都産業大学、新潟大学、福岡工業大学、成城大学)が連携し、産学協働教育を起点に5年間にわたり実施した大学間学生交流プログラムの概要と成果を報告するとともに、学生が主体となり取組む各種の学生交流プログラムを紹介します。それらを基に、今後地域内の複数大学間でどのような交流プログラムを展開することが可能かについて、特に今回はプログラムやワークショップをデザインする上での留意点、各大学や自治体は相互にどのように関わり合い、協働を行うことができるかなどにフォーカスしながら議論します。

内容
開会挨拶
戸部 順一 成城大学 学長 

趣旨説明
相原 章 成城大学 キャリアセンター長 
取組紹介
①4大学で実施した学生交流プログラムの報告
  高村 静 成城大学 キャリアセンター 特別任用教授
②様々な学生交流プログラムの紹介
  -大学間交流(東京都市大学)
   小池 慶一 氏 東京都市大学 企画・広報室 課長 
  -ピア・サポート(成城大学)
  -国際交流(成城大学)
  -高大連携(成城大学)

講評
協創と学びの場:ワークショップのデザインと評価
森  玲奈  氏 
帝京大学学修・研究支援センター 講師
東京大学大学院情報学環客員研究員
特定非営利活動法人Educe Technologies 理事

パネルディスカッション「学生の主体的学修を進める学生交流プログラムの展開可能性」
パネリスト) 
住田 曉弘 氏 東京都市大学 学生支援部長
藤野 智子 氏  世田谷区 政策経営部 政策研究・調査課長
森 玲奈 氏 帝京大学学修・研究支援センター 講師 /東京大学大学院情報学環客員研究員/特定非営利活動法人Educe Technologies 理事
長尾 繁樹 成城大学  元キャリアセンター 主任(学生交流プログラム担当)
森川 亜樹 成城大学 社会イノベーション学部 4年
コーディネーター) 高村 静 成城大学 キャリアセンター 特別任用教授

閉会挨拶
杉本 義行 成城大学 副学長 

お申込みについて
参加費無料・事前申込み制
*以下の専用フォームからお申込みください
https://www.iqform.jp/seijouniv/pc/enquete/career20180309/
主催・共催
主催 一般社団法人産学協働人材育成コンソーシアム 成城大学 
共催 世田谷プラットフォーム

<注意事項>
駐車場はございませんので、ご来場の際には公共交通機関をご利用ください。

記事のお問い合わせ先: お問い合わせ
成城大学 キャリアセンター
Tel:03-3482-9079
Fax:03-3482-1213
E-mail:shugyo〔at〕seijo.ac.jp
※メール送信時には〔at〕を@に置き換えてください