12月2日開催【東京】第2回法政大学スーパーグローバル大学創成支援事業・第14回FD 合同シンポジウムのご案内(法政大学)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供:法政大学教育開発支援機構FD推進センター 法政大学学務部教育支援課様】

第2回法政大学スーパーグローバル大学創成支援事業・第14回FD 合同シンポジウム
「大学の持続可能な成長は可能か?~大学教員の専門職としての学習を軸に~」のご案内

標記について下記の通りご案内いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

                   記

【日時】2017年12月2日(土) 14:00~17:00(開場13:30)

【場所】法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見ゲートG502教室    

【登壇者】Miriam Zukas教授(Birkbeck, University of London, イギリス)、竹口圭輔(本学FD推進センター長)、川上忠重(同大学評価室長、FD推進センター学生FD担当)、近藤清之(同常務理事)

【開催趣旨】
 持続可能社会の構築はいま多くの大学・研究機関の課題・使命となっていますが、
その担い手たる大学・大学教職員が、専門職としての持続可能性を脅かされかねない状況が世界的に広がっています。
 そのような中で、日本以上に厳しい現実に直面してきたイギリスの経験に学びながら、
持続可能でレジリエントな大学・教職員の成長と学習のあり方を、考えようとする企画です。
 本シンポジウムの本基調講演には、本学と連携関係にもあるロンドン大学Birkbeck校のMiriam Zukas教授をお招きします。
Zukas教授は、生涯学習・成人教育・高等教育を専門とされ、大学教員含めた専門職の職場学習の教育学(professional workplace pedagogies)を研究されています。ご自身も、大学教員として2008年にイギリスのHigher Education Academyより、学生に深い影響を与えた優秀教員に授与される“National Teaching Fellowship”を受賞した経歴もお持ちです。

詳細情報とお申し込みは、以下から御覧ください。
http://www.global.hosei.ac.jp/news/news-2017-10295

【主催】
法政大学グローバル教育センター、法政大学大学評価室、
法政大学教育開発支援機構FD推進センター

【お問い合わせ先】
法政大学グローバル教育センター
電話:03-3264-9315  Email:globaledu@hosei.ac.jp