11月16日開催【大阪】大阪大学グローバルイニシアティブ・センター公開講演会

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供:大阪大学グローバルイニシアティブ・センター 李明様】

この度、大阪大学グローバルイニシアティブ・センターはロンドン大学(UCL)教育研究所教授で同大学のグローバル高等教育研究所(The Centre for Global Higher Education)所長であるサイモン・マージンソン博士をお招きし、公開講演会を開催します 。

<テーマ>
How good are Japan’s research universities in global terms, and how much does it matter?” 
日本の研究大学はグローバルに観てどれほど優れているのだろうか。そして、そのことにどのような意味があるのだろうか。

■ 日時:11月16日(木)14:00-15:30
■ 場所:大阪大学吹田キャンパス コンベンションセンター1階 研修室
■ アクセスは以下をご覧ください。
https://facility.icho.osaka-u.ac.jp/convention/map.html
■ 使用言語:英語
■ 参加費:無料(先着90名)
■ 参加申込: https://goo.gl/forms/HEJAszfVnDuOIY7s1
■ 申込〆切:11月14日(火)

■ プログラム
(1)小林傳司理事・副学長 挨拶
(2)サイモン・マージンソン教授による講演
(3)質疑応答

■概要
マージンソン教授の専門分野は、グローバル化と高等教育、比較教育学、高等教育と社会格差、大学国際化の国際比較、公共財としての高等教育など。教育学にとどまらない多分野融合的なアプローチで、広く世界の学会と社会に発信を続けている。大学ランキングについての論評やメディアでの発言も多い。講演会ではランキングの現実や問題点をふまえつつ、日本において世界大学ランキングの動向に対して大きな懸念が寄せられていること、その背景には科学技術が現代社会に果たす役割の重要性に加え、アジアにおける日本の相対的な地位低下への警戒感があると指摘する。グローバルとリージョナルの両面から、日本の大学の絶対・相対評価の推移を検討する。

ABSTRACT: World university rankings have brought to the worldwide research university sector a closer focus on global comparison and competition, though not all ranking data are valid and reliable as a guide to the real capacity and performance of universities. Rankings based on reputable measures of publications and citations are useful tools. Multi-indicator rankings that arbitrarily combine heterogeneous elements are not helpful, unless the indicators are separated; and rankings based on surveyed reputation tell us nothing about objective quality, though they may tell us about reputation itself. Regardless, university rankings touch deep concerns in Japan about the nation’s global position, especially in the light of the central role played in modern societies by science and technology, and regional tensions in the Chinese civilizational zone in East Asia, broadly defined to include Japan and Korea. The lecture reviews the absolute and comparative performance of Japan’s research universities, and trends in performance, in the light of data in the Leiden, ARWU and Scimago collections. Both regional and global comparisons are considered. It then situates these data in relation to the normative questions of competition/cooperation, and comparison/singularity, questions which provide each of us with tools for interpreting the performance data.  

Prof. Simon Marginson のプロフィール:
http://www.researchcghe.org/about/researchers/simon-marginson/

お問合せ連絡先 :
大阪大学国際部国際企画課国際連携係
Email: kokusai-renkei-renkei@office.osaka-u.ac.jp
Tel: 06-6879-4017