University College London, RA研修参加報告

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

記事概要:RA研修参加報告

訪問日時:2017年6月19日~23日

訪問先: イギリス(ロンドン)

報告者:堀内  喜代美(博士課程前期)

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(University College London:ロンドン大学を構成するカレッジのひとつ,以下UCL)による国際共同研究プロジェクトのRA(Research Associate)を対象とした研修がロンドンで開催され、1週間のトレーニング・プログラムに参加させていただきました。

 この国際共同研究プロジェクトはUCL付属のグローバル高等教育センター(Center for Global Higher Education)が実施しているもので、「EU市場における高等教育修了者の動向」や「MOOCsの教授方法および将来性」など15の研究テーマが設定されています。RIHEからは黄福涛教授を中心に「高等教育の公共性(Local and global public good contributions of higher education)」および「高等教育の国際化の公共性(Internationalization of higher education as a public good)」の2つのテーマの国際比較研究に参画しています。

 今回の研修はこの研究プロジェクトに携わるRAの共通理解の促進や研究に関わる資質向上を目的として行われ、現地センター所属のRA、および南アフリカ、中国、日本から派遣されたRA(海外パートナー機関からの参加は4名)のあわせて20名が参加しました。研修では、メディア対応の仕方、競争的資金の申請書の書き方、若手研究者のキャリア形成など、実践的内容の訓練やグループワークに加え、オックスフォード大学やケンブリッジ大学などイギリス国内の他大学の教員よる高等教育研究に関する講義も多数行われました。「Brexit(イギリスのEU離脱)による高等教育への影響」という講義では、政府はEU圏内を含む留学生のモビリティへの影響を最小限に抑える方針を打ち出す一方、具体的な政策立案にまでは至っていない現状が説明され、EU出身者を含む現地のRAたちから懸念の声が次々と出されるなど現地での同トピックに対する関心の高さを肌で感じることができました。

 研修の最終日には、参加者全員が研究費の模擬申請書(3ページ程度の簡易版)を作成・提出し、上位3名を表彰するコンペティションが行われました。3グループ分けられたRAが審査委員会の役割も担い、各自が他者の申請書に対して「テーマは意義あるものか」「実現性が高い研究計画か」など6つの評価基準に沿ってスコアを記載した後、グループ討議により各申請書の優れている点・改善点のフィードバック・シートを作成します。私は「日本の大学における英語学位プログラムの大学組織への影響」をテーマに研究費申請書を作成しました。多数派である英語圏からの参加者に対して、日本の高等教育の背景を含め簡潔に意図を伝えられるか不安でしたが、幸運にも全体で3位の賞をいただくことができました。

 今回の研修を通して特に印象に残ったのは、研究の「インパクト」の重要性が繰り返し述べられていたことです。イギリスでは研究費の資源配分に際して国による大学や教員の審査・評価が厳しく行われ、個々の研究が社会にどれだけインパクトを与えることができるかの妥当性を示すことが強く求められています。教育分野においてすべての成果・効果を測定可能な形で明示することは困難な場合もあり、イギリス国内でも政府主導の過剰とも言える「評価のための指標化」に対しては大学関係者から不満も渦巻いているようでした。しかし、公財政支出を伴う研究において説明責任を果たすことはいわば研究者の責務であり、常に「社会に貢献できる研究」を志向するその姿勢は、今後の自身の研究活動においても心に留めていきたいと思います。 

Center for Global Higher Education, UCL

 

RA研修の様子

センター長のSimon Marginson教授と

 

参加者集合写真

DAY 1

Getting Research Funding

Jacob Leveridge

Deputy Director of Research Facilitation, UCL

 

Phenomenography

Paul Ashwin

University of Lancaster

DAY 2

What is Higher Education Studies?

Simon Marginson

Director of CGHE, UCL

 

Career Development

Claire Callendar

Deputy Director of CGHE, UCL

 

Social Network Analysis for the field of Higher Education

Golo Henseke

Giulio Marini

CGHE, UCL

CGHE, UCL

 

Forces that shape private higher education: the UK and Ireland

Steve Hunt

Andrew Gibson

CGHE, UCL

Dublin Institute of Technology

DAY 3

Media & Social Media engagement

James Russell

Media Relations Officer, UCL

 

Media Relations – an overview

Anna Phillips

Communications and Digital Engagement Officer, CGHE, UCL

 

Promoting your research

Fran Abrams

Joint Chief Executive, Education Media Center, UCL

 

Brexit Panel

Rosemary Deem,

Anne Corbett,

Vassiliki Papatsiba

Royal Holloway University

LSE

University of Sheffield

 

EU and the public economy in Higher Education and Science

Giulio Marini

CGHE, UCL

 

How can socio-history help understand changing representations of international students?

Aline Courtois

CGHE, UCL

 

Compliance and contestation in the neoliberal university

Aniko Horvath

CGHE, UCL

DAY 4

Cultures of counting: responsible metrics for higher education and research

James Wilsdon

University of Sheffield

 

Mobility issues: international students; culturally plural HEIs; refugees

Rachel Brooks,

Vassiliki Papatsiba,

Johanna Waters,

University of Surrey

University of Sheffield

University of Oxford

 

The contribution of research and innovation to productivity

Kevin Fox

University of New South Wales

 

Impact / Research fish

Joseph Lovell

Head of Research Impact Curation and Support, UCL

 

Higher Education Governance

Jurgen Enders

University of Bath

DAY 5

Research issues in digital global higher education

Diana Laurillard

Eileen Kennedy

CGHE, UCL

CGHE, UCL

 

Global higher education and marketization

Susan Robertson

University of Cambridge

 

Reviewing research funding bids in groups

Carolyn Gallop

CGHE, UCL

 

Feedback

Simon Marginson

Director of CGHE, UCL