7月3日開催【東京】マカオ大学呂志和書院長葉銘泉氏公開講演会のお知らせ(目白大学)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:帝京大学 山崎直也様】

本催事のFacebookイベントページはこちら。
https://goo.gl/aqbFqP

マカオで唯一の公立大学であるマカオ大学(The University of Macau)は、2014年のキャンパス移転を機に「住宿式書院制度(Residential College System)」の本格的導入に踏み切ったことで、大きな注目を集めています。

いま中国・台湾・香港・マカオを含む両岸四地では、レジデンシャル・エディケーション、リベラルアーツ・エデュケーションなど、さまざまな概念を包含する「書院教育」という言葉が高等教育改革のキーワードの一つとなっています。両岸四地の多くの大学が「書院教育」の名の下にさまざまな取り組みを進めていますが、マカオ大学の取り組みは、規模と内容の両面で特筆すべき教育上の実験となっています。

この度、科研費「レジデンシャル・カレッジの導入と定着にみる中台港澳高等教育改革比較研究」(研究代表者:山﨑直也)では、下記の要領で公開講演会を開催します。マカオ大学の10の住宿式書院(Residential College)の一つである呂志和書院(Lui Che Woo College)より葉銘泉(YIP Ming Chuen)院長をお招きし、マカオ大学の書院制度の理念と実践について語っていただきます。大学における「学び」と「暮らし」の融合という点で注目すべて取り組みを行っているマカオ大学の関係者から、同大学が2014年に本格導入した住宿式書院制(Residential College System)の実践に関する話が聞ける貴重な機会です。ふるってご参加いただくとともに、関心をお持ちの周囲の方にお知らせいただきたく、お願い申し上げます。

マカオ大学呂志和書院長葉銘泉氏公開講演会

日時:2017年7月3日(月) 18:00~20:00
場所:目白大学新宿キャンパス10号館3階 10300教室
題目:澳門大學書院系統的理念與實踐(マカオ大学カレッジ・システムの理念と実践)
使用言語:中国語(通訳あり)
参加費:無料(お名前とご所属をメールでお知らせください)
お問い合わせ:帝京大学外国語学部 山﨑直也 yama708@main.teikyo-u.ac.jp

【参考】
マカオ大学の住宿式書院制度について
https://rc.umac.mo/

紹介ビデオ
英語  https://www.youtube.com/watch?v=_L4_iqOifzU
中国語 https://www.youtube.com/watch?v=a2VvYp5uZrE

記事のお問い合わせ先:

帝京大学外国語学部 山崎直也
yama708@main.teikyo-u.ac.jp