授業ボランティアの募集について(京都工芸繊維大学)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:京都精華大学 筒井洋一教授】

 

4月から京都工芸繊維大学で授業を担当します。

過去4年間継続してきた授業ボランティアを募集します。

希望者の方は、以下を読んだ上で、ご連絡頂ければありがたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月6日から始まる、京都工芸繊維大学の授業「リーダーシップ基礎1」を、私と一緒に創っていただける授業ボランティア募集!

工学部に入学した一年生にとって、最初の授業です。大学の授業がややりがいがあり、充実感があると思わせたい。そこから、未来の技術者としてのリーダシップを育成します。

かつては、ボランティアの方にゼロから授業計画を作ってもらいましたが、今回は、今年度まで担当していた学内教員(津吹達也さん)が創ってきたリーダーシップの授業を踏襲します。

したがって、ボランティアが授業のすべてを担当するのではなく、
1. SA(スチューデント・アシスタント)チームの育成、
2. ボランティア自身のチームを創ること
3. 大講義での授業運営、
4. 授業分析などが
主たる業務です。
その前提として、みなさんが学生の「学びの同伴者」として取り組むことです。

私は、2013年から15年の3年間、京都精華大学人文学部授業「グループワーク概論」「情報メディア論」では、合計25名のボランティアと、2016年後期大谷大学「大学の学びを知る」では、3名のボランティアと一緒に大学の授業を創りました。
なお、2013年前期授業の模様は、以下の動画で見られます。 http://bit.ly/1tOKnvY

この授業にかける私の思いは以下です。
 未来の教育は、学生が自分の興味関心にもとづいて能動的に動き出すことをめざしています。そこでは個人の学びに終わるのではなく、仲間と協働しながら、正解のない問いに真剣に向き合うことでしょう。
 私はそうした未来の教育に一歩でも近づきたいと思っています。そこで大きな力を発揮するのが、教員・学生以外の第三者であるボランティアです。過去4年間の経験から、ボランティアの創造的なアイデアに依拠しつつ、学術的にも裏づけられた授業はここ以外では体験できません。
新しい挑戦者と出会えることを切望しています。

授業概要
授業名 :リーダーシップ基礎1
授業対象:一年生
日程(木曜日5,6限 5限 16:10-17:40、6限 17:50-19:20)
1. 4月 6日(木) 5限のみ
2. 4月13日(木) 5限のみ
3. 4月20日(木) 5/6限
4. 5月11日(木) 5/6限 小クラス
5. 5月25日(木) 5/6限 小クラス
6. 6月 8日(木) 5/6限 小クラス
7. 6月22日(木) 5/6限
8. 7月 6日(木) 5/6限   小クラス
募集内容について、Q&A形式で説明します。

■ 連絡先
 京都工芸繊維大学非常勤講師 筒井洋一
  ytsutsu.i@gmail.com(@を半角に)
もしご興味のある方がおられましたら、是非早めにご連絡ください。お待ちしています。

【追記】
これまでの授業協力者数・見学者の実績は以下の通りです。
         ボランティア 見学者(のべ人数)
2013年前期    3名       95名  
2013年後期    4名       65名
2014年前期    6名       70名
2014年後期       4名      120名
2015年前期     5名       185名
2015年後期       3名       156名
2016年後期 3名          100名
過去28名のボランティアと約900名の見学者が来られました。

この授業に関心のある方は、以下の書籍が参考になります。
筒井 洋一、山本 以和子、大木 誠一編著
『CT(授業協力者)と共に創る劇場型授業―新たな協働空間は学生をどう変えるのか』 東信堂、2160円

これ以後につきましては、以下のサイトをご覧下さい。
「つつい・めでぃあ」
http://tsutsui-media.net/?p=3080