3月28日開催【大阪】公開WS「大学の更なる国際化には何が必要? 」(大阪大学)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:大阪大学アジア人材育成研究教育拠点形成プログラム(CAREN) 金澤 浩 特任教授】

「大学の更なる国際化には何が必要?」

英語力の強化国際化への新たな挑戦について意見交換しよう!
大阪大学公開ワークショップ 2017年3月28日(火) 豊中キャンパス

主催:大阪大学アジア人材育成研究教育拠点形成プログラム(CAREN)
日時: 2017年3月28日(火曜) 午前10時-12時半
場所:大阪大学図書館6階ホール(豊中キャンパス) アクセス
事前登録不要・参加自由
主催:大阪大学アジア人材育成研究教育拠点形成プログラム(CAREN)

内容

はじめに: 大阪大学のスーパーグローバル大学化に向けて

大阪大学 理事・副学長 山中 伸介 教授

1. 大学の国際化と英語力の強化はどのように?

横浜市立大学のpractical english programについて  岡田公夫 教授 (横浜市立大学)
近畿大学の英語村e-cubeについて  北爪佐知子 教授 (近畿大学英語村村長)
大阪大学の船舶海洋工学における大学院の英語講義  柏木正 教授 (大阪大学工学研究科)

2. 国際的に開かれた教育 (グローバルキャンパス)とは?

立命館大学のキャンパスアジアプログラム(日中韓共同運営 移動キャンパス) 上野隆三 教授 (立命館大学文学部)
大阪大学の東南アジアキャンパス構想  平田収正 教授 (大阪大学薬学研究科)
大阪大学医学研究科のキャンパスアジアプログラムについて  磯博康 教授 (大阪大学医学研究科)

3. 総合討論:大学の国際化には何が必要か?

長谷川和彦 教授 (大阪大学工学研究科)
司会  金澤 浩 (CAREN 特任教授)

おわりに: CAREN プログラムについて

田中 敏宏 教授  (CAREN 代表,  大阪大学工学研究科長)

ポスター(PDF)

 

■お問合せ:
大阪大学アジア人材育成研究教育拠点形成プログラム(CAREN)(担当:金澤)
kanazawa@bio.sci.osaka-uac.jp