3月18日開催【東京】東京大学シンポジウム:世界の中の日本、日本の中の世界:「国内で実施する国際研修」の挑戦(東京大学)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:東京大学 文景楠様】

東京大学では近年、学部生を海外に派遣する従来型の国際研修プログラムに加えて、海外の学生を日本に呼び本学の学生と一緒に学ばせる短期型国際研修プログラム を実施してきました。このシンポジウムでは、このような新しい国際研修プログラムの成果を、類似したプログラムを提供している北海道大学及び韓国西江大学 校の事例とともに共有し、こういった試みをさらに広げていくための課題を考えます。

使用言語:日本語及び英語
日時:2017年03月18日 13:00 ~ 17:00
詳細:https://www.globalkomaba.c.u-tokyo.ac.jp/cypochi/form/pc/gkomaba000173.html

□■□■□プログラム□■□■□
13:00-13:05 開場の挨拶
13:05-14:00 基調講演「国際高等教育における学びの多様性:短期型国際研修の可能性と課題」(上智大学・杉村美紀副学長)
14:00-15:00 報告I「東京大学の取り組み:ANUとプリンストンの学生とともに学ぶ」(東京大学・矢口祐人教授/トム・ガリ一教授)
15: 15-15:45 報告II「Cool Hokkaido:グローカルな文化研究を創造する」(北海道大学・瀬名波栄潤教授)
15:45-16: 15 報告III「Sogang Korean Studies Bridging the Globe」(韓国西江大学校・Kim Dong-Taek教授)
16:15-17:00 総合討論

主催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属国際交流センターグローバリゼーションオフィス
共催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属グ口ーバルコミュニケーション研究センター及び教養教育高度化機構初年次教育部門

参加費:無料
申込方法:要事前申込