3月26日開催【大阪】大学入試サミット2017(大阪大学主催・文部科学省他後援)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:大阪大学高等教育・入試研究開発センター 川嶋太津夫氏】

「大学入試サミット2017」開催のお知らせ

大阪大学高等教育・入試研究開発センターでは、
来る3月26日(日)に「大学入試サミット2017」を
下記の通り、開催いたしますので、ご案内いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

————-

「大学入試サミット2017」
-大学入試改革における大学、国及び中間団体の連携について考える-

主催:大阪大学 高等教育・入試研究開発センター
後援:文部科学省・一般社団法人 大学教育学会・日本高等教育学会

高大接続改革の実現に、個別大学の改革努力に加えて何が必要か。
英国・韓国の先進的海外事例と共に、文部科学省、大学入試センター、
我が国を代表する大学をお招きし、
入試改革の実行に向けてグッド・プラクティスの共有とともに、
課題とその解決の方策を探ります。

<日英同時通訳付き・参加無料>

■ 日 時 2017年3月26日(日)13:00~17:55 

■ 場 所 千里阪急ホテル
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町2-1
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/senrihh/index.html

■ プログラム・講演者
<招待講演>
Mark WILSON 英国UCAS 国際マーケットマネージャー
「UCAS: the role of centralised admissions in the UK’s further and higher education sectors」

Myung Chae JUNG 韓国大学教育協議会 大学入学支援室長・世宗大学校 教授
「The status and prospects of university admission system in Korea and the role of Korean Council for University Education (KCUE)」

橋田 裕 文部科学省高等教育局大学振興課 大学入試室長
「高大接続改革における大学入学者選抜改革の動向について」

大塚 雄作 独立行政法人大学入試センター 試験・研究統括官(副所長)
「日本の共通試験と大学入試センターの役割」

<事例報告> 
木俣 元一 名古屋大学 副総長(入試・組織改革・学生支援・図書館担当)
北野 正雄 京都大学 理事・副学長(教育・情報・評価担当)
小林 傳司 大阪大学 理事・副学長(教育担当)

パネルディスカッション ・Q&A

■ 参加申込方法
大阪大学高等教育・入試研究開発センター(CHEGA)ウェブサイトよりお申し込みください
http://chega.osaka-u.ac.jp

■ 参加登録締切 3月17日(金)

■ 詳細は以下のwebページをご覧ください。
http://chega.osaka-u.ac.jp/seminar/seminar_20170326.html

■ 問い合わせ
大阪大学高等教育・入試研究開発センター
officechega@chega.osaka-u.ac.jp

記事のお問い合わせ先: 大阪大学高等教育・入試研究開発センター
officechega@chega.osaka-u.ac.jp
担当:烏山・大友