3月22日 IDE高等教育研究フォーラム 「人口減と大学の課題」

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

共催:IDE大学協会・千葉大学

2017年3月22日(水)15:00-18:00

人口減と大学

 

 18歳人口は2023年には110万人を割り込み、就学率が不変なら今から10年弱で入学者数が1割減少することになります。この中で日本の大学をめぐる環境はどう変わるのか、またその中で大学はどのように行動すべきか。このフォーラムではマクロ的な観点から、大学のおかれた状況と課題を概観するとともに、特に私立大学の経営への影響、また最近の私立大学の入学定員、授業料の動向について調査、データを踏まえて発表いただき、議論します。

 

話題提供 :  ●人口減と大学の課題

金子元久(筑波大学)

  • 人口減と私立大学の経営

西井泰彦(私学高等教育研究所主幹)

  • 入学定員・授業料の動向

根岸佳代(朝日新聞社教育総合本部)

久保智子(河合塾教育企画開発部)

 

司会: 天野郁夫(東京大学名誉教授)

 

会  場:一橋大学一橋講堂2階会議室(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

参 加 費:1,000円 ※IDE個人会員(維持・学生)千葉大学教職員は無料

参加費は当日会場受付にてお支払ください。

申込方法:件名「3/22フォーラム参加申込」として,本文に ①氏名 ②氏名カナ ③所属機関名 ④所属部署名・役職等(学生の方は学年) ⑤メールアドレス ⑥個人会員の方は会員区分(維持・学生),個人会員以外の方は「一般」を記載の上,お申し込みください。

申込先アドレス:ide201703@ide-web.net

申込開始:2017年1月11日(水)より受付を開始いたします。

申込締切:定員になり次第,締め切らせていただきます。

※ 詳細はIDEのホームページ(http://www.ide-web.net/)をご覧ください。