2月18日開催 2016年度第4回 中国・四国地区研究会の開催について(ご案内)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者:当センター 大場副センター長】

 2016年度第4回中国・四国地区研究会を下記の通り開催いたします。
 本研究会への参加は、学会会員・非会員を問いません。興味のある方は
どなたでも参加いただけますので、周知方よろしくお願いします。
 なお、今回の研究会は2016年12月11日に竣工した国内最大級の
ラーニング・モンズを有する広島経済大学「明徳館」にて開催します。
見学会もあわせて実施いたしますので、振ってご参加ください。

               記

1.日時 2017年2月18日(土)13:30~17:00(情報交換会 18:00~20:00)
     ※見学会は12:45から30分程度です。
      12:30までに明徳館7階受付までお越しください。

2.会場 広島経済大学 明徳館7階(広島市安佐南区祇園5丁目37-1)
     アクセスマップ http://www.hue.ac.jp/access/index.html

3.テーマ「これまでの大学IR、これからの大学IR」
 私立大学に対する経常費補助金の一部である「改革総合支援事業」の中でも設置や
運用が対象となっている“IR”について、多くの大学がその対応を迫られています。
しかしながら、補助金対策として設置したものの、うまく運用・活用が進んでいない
IR室の現状もあります。
 本研究会では2014年11月に山形大学の福島教授を招聘して、「大学マネジメント
として必要とされているEMIRのこれまでとこれからについて」をテーマに勉強会を
開催いたしました。あれから2年、IRは小規模、単科など逆風にさらされている地方の
大学の救世主となっているのか?基本的な概念を再考し、実例をもとにIRの活用方法を
いまいちど探っていきたいと思います。

【講演・事例紹介】(90分)
  講演:「IRの基本と活用事例」(75分)
  講師:佐賀大学IR室長・アドミッションセンター教授 西郡 大 氏
     講師略歴:東北大学大学院教育情報学教育部博士課程修了。博士(教育情報学)。
          早稲田大学教育学部卒業後、民間企業にてシステムエンジニア(SE)
          として勤務。退職後、東北大学大学院へ進学。
          2009年より佐賀大学アドミッションセンターに着任。
          2012年より同大学インスティテューショナル・リサーチ室長を兼務。

  話題提供:「広島経済大学のIRの現状と課題」(15分)

【ワークショップ】(発表とまとめを含み100分)
  テーマ:「演習問題に沿った実践経験」を積む

4.情報交換会 「板前バル 楽多来屋」(18:00~20:00、会費4,000円程度)
        研究会終了後、スクールバスとJRにてJR横川駅周辺まで移動して実施します。

5.申し込み方法
 参加を希望される方は、https://goo.gl/forms/CPxRzW3ZzDy6hNoa2 にアクセスし、
氏名、所属機関名、所属部局・役職、電話番号、メールアドレス、情報交換会参加の有無、
大学行政管理学会会員・非会員を2月3日(金)までに入力・送信してださい。
いただいたデータは当日配布の名簿に記載します。
不都合があるときはその旨を備考欄にてご連絡ください。

6.問い合わせ先
 広島経済大学 教育・学習支援センター 高野 修(たかの おさむ)
 電話番号:082-871-9345(直通) FAX番号:082-871-1021
 e-mail:cyugokushikoku@gmail.com

以 上