10月31日(月)開催)山口大学FD・SDワークショップ「アクティブ・ラーニング授業開発 ワークショップ Part2-サービスラーニングの授業設計と学修評価のポイントを学ぶ-」を開催します

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者 山口大学 大学教育機構 林 透氏】

案内文:
 山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)FD・SDワークショップ
「アクティブ・ラーニング授業開発ワークショップ Part2 -サービスラーニングの
授業設計と学修評価のポイントを学ぶ-」を下記のとおり開催いたします。
好評いただいているFD・SDワークショップの今年度テーマは、アクティブ・
ラーニングの具体的な授業設計に迫ります。ご関心のある教職員・学生
の方々は、奮ってご参加ください。
(URL参照(案内チラシ))
http://www.yuap.oue.yamaguchi-u.ac.jp/blog/2016/09/000058.html
    記

1.開催内容
日 時:平成28年10月31日(月)16:10~18:00
場 所:山口大学総合図書館 アカデミック・フォレスト(吉田キャンパス)
対 象:学内外の教職員・学生
内容:
16:10~16:15 開会挨拶・趣旨説明
福田隆眞 山口大学理事・副学長(教育学生担当)
16:15~17:05≪第一部 事例報告≫
(1)「初年次教育におけるサービスラーニング
         ~エリアキャンパスもがみ10年の軌跡~」
     橋爪 孝夫 山形大学 教育開発連携支援センター講師
(2)「地域との信頼関係の上で学生は羽ばたき飛び立つ     
         ~阿武21年、徳地12年、富海5年の経験から~」
     安渓 遊地 山口県立大学国際文化学部教授
17:05~17:55≪第二部 グループワークセッション≫
  「サービスラーニングの授業設計と学修評価のポイントを学ぶ
     ~フィールド学習の持続性と信頼性を得るためには~」
  (1)オリエンテーション
  (2)グループワーク
  (3)全体解説及び質疑応答
17:55~18:00 クロージング・閉会挨拶
朝日孝尚 山口大学大学教育機構大学教育センター長

2.申込方法
申込は、件名「FD・SDワークショップ申込」とし、「①氏名、 ②所属・職名、
③E-mail」を記入の上、下記問い合
わせ先にメールにてお申込ください。

3.申込締切
10月27日(木)までとします。

4.問合せ先
山口大学 大学教育機構 大学教育センター(YU-AP推進室)
E-mail: yuap@yamaguchi-u.ac.jp
TEL:083-933-5261