9月9日開催 「多面的・総合的入学者選抜の最前線 —米・英・韓の事例から学ぶ—」(大阪大学高等教育・入試研究開発センター)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

【情報提供者 大阪大学 高等教育・入試研究開発センター 石倉佑季子氏】

大阪大学高等教育・入試研究開発センターでは発足記念として国際セミナーを以下の通り開催します。皆様のお越しをお待ちしております。

Osaka University is holding an international seminar entitled, “Forefront of Holistic College Admissions-Learning from the Cases of the U.S., the U.K. and Korea-.” We are greatly looking forward to welcoming you at the seminar.

【開催概要】
※日英同時通訳付き Simultaneous English-Japanese Interpretation

○テーマ:「多面的・総合的入学者選抜の最前線 —米・英・韓の事例から学ぶ—」
○日時:Seminar Date and Time
  2016年9月9日(金)14:00-17:30
  September 9th, 2016 (Friday) 14:00-17:30
○場所:Location
  千里阪急ホテル(〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町2-1)
  Senri Hankyu Hotel

○参加申込み先:Online Registration
http://gao.osaka-u.ac.jp 
申し込み締め切り9月2日(金)
Please register by September 2nd (Friday)
会場設営の都合上、事前登録をお願いいたします。

○次第:Seminar Schedule
14:00 開会の挨拶 Opening Remarks
基調講演 Keynote Speech (Jim Rawlins米国オレゴン大学入試部長・副学長補佐)
事例報告 英国ケンブリッジ大学 Case at University of Cambridge(Dr. Brigitte Steger)
事例報告 韓国ソウル大学 Case at Seoul National University(Dr. Pil Sun Park)
パネルディスカッション Panel Discussion
17:30 閉会の挨拶 Closing Remarks

※基調講演ならびに事例報告者の詳細は、特設サイト(http://gao.osaka-u.ac.jp)をご覧ください。

【セミナー趣旨】
 本セミナーでは、多面的・総合的に評価する入学者選抜を実施している国外の大学の教員を講師としてお招きし、各国での事例に関しお話いただきます。米国の事例からは、Holistic Review、英国の事例からは面接・口頭試問、韓国の事例からはアドミッション・オフィサーの導入に関しお話しいただきます。本セミナーでは、先行事例から学ぶだけではなく、海外での取り組みをどのように日本の高等教育の文脈に即して導入していくべきかフロアを交えて議論していきます。

In this seminar, we invite faculty members from overseas universities that have implemented holistic review approaches for college admissions to speak about their admissions practices. The seminar offers lectures on college admissions practices in the U.S., the U.K. and South Korea. The seminar will not only allow participants to learn from the presented practices, but will also include a panel discussion on how the overseas initiatives could be localized and introduced in the context of Japanese higher education.