7月25日開催 お茶の水女子大学 FD/SD 研修 2016「アクティブ・ラーニングの現場で生きる人的支援と空間~日本、フランス、世界の動向から今後のあり方を考える~」

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

以下のとおりお茶の水女子大学 FD/SD 研修 2016を開催いたしますので、ご案内いたします。

■情報提供者
金沢大学 国際基幹教育院 高等教育開発・支援部門 杉森公一氏
■ 概要
このたびお茶の水女子大学では、教育改革部会の主催により標記の研修を開催することとなりました。教育改革のキーワードとして、アクティブ・ラーニングの必要性が指摘されていますが、なかなか難しいのが現状です。
そこで、今回のFD/SD研修は、アクティブ・ラーニングの現場で生きる人的支援と空間に着目し、日本、フランス、世界の動向・実例から、今後のあり方を考え、実践に結びつくヒントを得られる場にしたいと考えております。アクティブ・ラーニングの実質的推進のためには、教員はもちろんですが、職員や学生の立場で教育に携わる人たちの役割も重要です。直接的に業務に関わる学務・学生系、図書・情報系の方々はもちろん、大学改革の推進に携わる教職員の方々、教育のあり方に興味のある学生の皆さんにとって、今後の大学教育を考える一つのきっかけになれば幸いです。
 お誘いあわせのうえ、ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。
■日時
平成28年 7月 25日(月) 12:40?15:00
■会場
お茶の水女子大学 共通講義棟 2号館 201室
http://www.ocha.ac.jp/help/accessmap.html
■主催
お茶の水女子大学 教育改革部会
■共催
教育開発センター、グローバルリーダーシップ研究所、附属図書館
■参加費
無料
■申込
https://crdeg.cf.ocha.ac.jp/ocha2/Plone/fdsd
■申込締切
7月20日(水)
■お問合せ先
お茶の水女子大学附属図書館
Email: library@cc.ocha.ac.jp
電話: 03-5978-5833