6月11日開催 大学内専門職の日米比較-リサーチアドミニストレーターを中心に-(東京大学大学院教育学研究科大学経営・政策研究センター)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

以下のとおりセミナーを開催いたしますので、ご案内いたします。

■情報提供者
東京大学大学院教育学研究科福留東土氏
以下の通り、東京大学大学院教育学研究科大学経営・政策研究センター2016年度第2回公開研究セミナーを開催します。ご関心のある方はご参加下さい。
■概要
大学内部の多様な業務に従事する人々が、高度かつ専門的な能力を発揮する必要性と可能性が高まっています。 URA、IR、評価、教育企画、学生支援、入試、国際化・・・など、そうした領域は広がりを見せています。しかし、こうした人材に求められる具体的能力や そのキャリア形成プロセスはまだ顕在的なものとはなっておらず、過渡的状況にあります。これらは、大学院レベルの高等教育プログラムのあり方とも関連する 課題です。現在、広島大学でシニアURAとして研究支援活動に従事し、米国では国際化の専門職を担うなど、豊富な経験をお持ちの三代川典史氏をお招きし、 日米比較を軸に、リサーチアドミニストレーターをはじめとする大学内専門職の現状と将来像について議論します。
■講師
三代川 典史氏(広島大学シニア・リサーチアドミニストレーター)
■日時
平成28年 6月11日(土)18:45~20:45
■主催
東京大学大学院教育学研究科大学経営・政策研究センター
■参加費
無料
■URL
http://ump.p.u-tokyo.ac.jp/crump/cat84/post-32.html
当セミナーは公開で行われます。参加を希望される方は、6月9日(木)までに以下までご連絡下さい(当日参加も可能です)。 daikei3*p.u-tokyo.ac.jp *を@に替えてください。